ApplePayを使う! suicaの注意点と失敗談

 

ApplePay/Suica が来た!

2016年10月25日に、とうとうiPhone7でApplePayが、そしてsuicaが使えるようになった。

ApplePay - Appleもうずっと前から、とりあえずなくてもiPhone使う、カコイイから… と訳のわからない理由をつけて諦めていた、Androidに負けてるイタい所…そのひとつがNFC(近距離無線通信規格)を使ったSuicaへの対応で、NFC自体はiPhone6から搭載してはいたものの、日本独自規格のFeliCaベースで動作するSuicaへの対応は、iPhone7になって、やっと、という機能だ。

Appleのサイトでは「始めるのは簡単です。」と、悪魔の誘惑の声が….

自分は、実はSuicaやnanacoを使うためだけに、と言っていいかもしれない、Android機を使っていた。(実際には、Androidアプリ開発用という、もっともらしい理由をつけてAndroid機を持っていたのだが)

正確には、最初はAndroidアプリ開発の検証機として、ほとんど机に置きっぱなしだったのだが、SuicaやNanacoを入れて使ってみると、便利で(特にチャージが)結局のところは、出かけるときは常に2個持ちという状況になっていた。

それほど、首都圏では交通機関を利用するのにも、コンビニで買い物をするのにも、本当に便利な存在なのだ。

おっと、話が逸れてしまった…

Apple Payを使う

ApplePayは、端末にクレジットカードを登録して、そのクレジットカードで決済する(店舗側の端末とはNFCによる通信を使う)機能だ。

ss-2016-11-17-10-45-30クレジットカードの登録は、とても簡単で、使うアプリは 「Wallet」そう、ゲームやらない人にとっての「GameCenter」や、株やらない人にとっての「株価」AppleWatch持っていない人にとっての「Watch」と、同じくらい、これまで標準でインストールされるアプリのくせに、何に使えるかワケワカらん!という部類のアプリの「Wallet」が、とうとうその本領を発揮する時が来たのだ!

…と言っても、アプリを意図的に立ち上げるのは登録のときくらい。登録したら、iPhoheを読み取り機に近づければ勝手に動作する。

このWalletを起動し、「+」ボタンをタップしてクレジットカードを登録するのだが、面倒なカード番号の入力は、カードをカメラから読み込ませると言う便利な方法が使える。

有効期限や、マジックナンバーを入力して、OKだが、同時にQuickPayを使う場合には、最後に個人認証(これはカード会社の登録メールアドレス、または携帯電話番号に送られてくる認証メール/ショートメールに記載された番号をiPhoneで入力すると言う形になる)が必要になる。

このQuickPayの認証まで行くと、iPhoneが丸々クレジットカードの代わり以上のものとなり、タクシーやショップでの支払いがとても楽に、素早くできるようになる。

また、登録したクレジットカードを使って、後で説明するSuicaへのチャージがiPhone上のWalletアプリから簡単にできたり、AppStoreからダウンロードしたアプリに対する支払いもできるようになる。

ちなみに、全てのクレジットカードが登録できる訳ではなく、2016/11/10現在、登録できるカードはAppleのサイトで公開されている

Suicaを使う

おなじみのSuicaをiPhoneに入れるには、いくつか条件や方法があったりする。 また、複数枚(最大7枚)のSuicaを登録することができ、その場合はそのうち1枚を通常使う「エクスプレスカード」として指定する形となる。

まず、既に使っているSuica(JR東日本発行の素のSuica)が手元にある場合は一番簡単。カードに書かれている番号の下4桁と誕生日を入力して、カードをiPhoneで読み込めば、カードがすっかりiPhoneに入ってしまう。(Suicaカードは使えなくなる)

既存のカードがクレジットカードでSuicaの機能を持っている(Suica機能付きクレジットカード)場合は、クレジットカードをApplePayに登録することはできても、Suicaを取り込むことはできないようだ。

Suicaを追加できないケースは、Appleもまとめている

Suicaアプリで新しいIDを発行する

ss-2016-11-17-10-45-30さて、カードのSuicaを持っていない場合は、AppStoreからSuicaアプリをインストールして、新しいSuicaを発行(とは言ってもプラスティックカードが送られてくる訳ではない)することになる。
(アプリ名:Suica  / 発行元:East Japan Railway Company )

Suicaアプリで新規Suicaを発行するのだが、この時に、是非覚えておいてほしいことがある。

Suicaアプリでは、「Suica無記名」「My Suica記名式」「Suica定期券」が発行でき、ついつい「無記名」を選んでしまうかと思うが、是非「My Suica」を選ぶことをお勧めしたい。

または、すぐにSuicaアプリからユーザー登録を行なって、自分のアカウントを作成しておいてほしい。(ユーザー登録しなくてもSuicaは使えてしまうが、是非!)

「無記名」で作成したSuicaは、万が一iPhoneの故障や損傷で交換になった時に、その時のiPhoneを操作してそのiPhoneからSuicaを削除し忘れると、チャージされていた金額は一切使えなくなる。 (無記名のSuicaをどこかに落としてしまったようなもの)

ちなみに、ApplePayに関する登録情報は、「バックアップをリカバリしても復元されない」ということを、肝に命じておいてほしい。

クレジットカードは再登録すれば良いが、Suicaはチャージされた情報は、iPhoneのハードウエア中に存在するFelicaID に紐づいており、これはデバイスからのSuicaの削除を行わない限り、切り離すことはできない。

通常、iPhoneからの操作で、そのiPhoneに登録されているSuicaを「削除」すると、そのSuicaはiCloud-ID にひもづけられて、新たに同じiCloudIDを設定した別のiPhoneで使えるようになるため、問題はないのだが、例えばiPhoneが全く動作しない状態になってしまった場合には、iPhoneからこの操作を行うことができなくなる。

iCloud(Web)からログインして、デバイスの管理画面から、デバイス(iPhone)に割り当てられているクレジットカード等を削除することができるのだが、無記名のSuicaだけは、これができない(2016/11/07時点)ようで、削除操作を行なっても、しばらくしてまた元に戻ってしまう。

こうなると、そのSuicaにチャージされている金額は、諦めるしかない。 Appleサポートに連絡して、エキスパートや技術スタッフになんとかしてもらうこともできなかった。 Apple側からはこの時点でお手上げ状態となる。

そして最後の砦、Suica アプリから…. とはいえ、既にiPhoneが動作しない状態であれば、それもできないし、さらにいえば修理交換となった場合は、手元からiPhoneが無くなるので、一巻の終わりとなる。

修理して戻ってくるのが、元のiPhoneであれば、回復可能かもしれない。(が、Apple修理の公式見解は初期化前提野多目、保証されないし、Suicaに関わる部品が交換されていればアウトだろう)

他のiPhoneからSuicaアプリでなんとかできるとすれば、最初にSuicaを発行した時に、ユーザー登録を行なっていれば、その時のIDとパスワードで、なんとか無記名のSuicaを探し出すことができるらしい…..   ユーザー登録していなければ、どうしようもない。

Appleサポートは、「デバイスからのSuicaの削除は、端末からでもWebからでもできて、削除されたSuicaはいCloudに紐付けられるので、他のiPhoneで利用できます」という説明が王道らしく、単純にそれを聞いて安心していてはいけない。

iCloudからデバイスに割り当てられたSuicaを削除できるのは、特定の条件のSuicaのみとなる。

そんな理由から、是非ともSuicaは、記名式、または、無記名であれば、同時に必ずユーザー登録をしておくことをオススメする。

失敗談

ちなみに、私は、Suicaを登録してすぐチャージ!6,000円ほど残高が残っている状態でカメラのレンズにヒビが入ってしまい、交換修理を行なった。

交換修理の際には、AppleSupportとチャットを行い、Suicaにチャージされているがどうすればいいか?と質問したところ、前述の説明をされたため、交換品が届いた際には、新品交換だ〜と舞い上がってしまい、Simを交換しただけで、損傷したiPhone7とサヨナラした。

Suicaを使いだして間もなかったため、さらに無記名Suicaでユーザー登録もしていなかったため、チャージされていたお金とは、永遠に巡り会うことができなくなってしまった。

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク